◆ ◇ 実践!ほっこり堂 ◇ ◆

「人生日々成長」好奇心の赴くままに”実践”していきます。

■ メインクエスト ■

【第1回】初心者3キロを走り切る -ランニングフォームを学ぶ-

ブログネタ
製品レビュー に参加中!
 クエスト概要
走ることが嫌いだ。ましてや長距離なんて。
体育の授業、長距離走がある日は当然の如くフケる。
嫌いなんだ、とにかく走ることが。

それでも興味が無いわけではない。体を動かすこと自体は、嫌いじゃない。
風のように颯爽と、何処までも走ることへの憧れ。ずっと見て見ぬふりをしていたからこその憧れ。

今さら、30を過ぎて、遅くはあれど、憧れを手に入れよう。

勝利条件
憧れへのファーストステップ、社内の駅伝大会で3キロを15分以内で走り切るのじゃ!

 これまでの道のり 
 1.ランニングフォームを学ぶ

=======================

社内の駅伝にエントリーした。
正確に言えばエントリーさせられた。

強硬に断ることも出来なくはないけど、ひとつ素直に参加することにした。
苦手なことを始めるに、なにがしかの強制力は悪くない。

残りは3週間、距離は3キロ。
ここでふと、そして、よくよく人生を振り返ると、真面目に3キロ以上走ったことがないことに気付く。

記憶を辿ればトラック周の1600Mだけじゃなかろうか、歩くこと無く走りきったのは。
言うまでもなく、体育教師の監視の目から歩くことが出来ないだけで、渋々走っただけなんだけどね。

これは未知。
3キロと言えど未知への挑戦なのだ。
(んな大げさな…)

【ランニングフォームを学ぶ】

走ることから目を背けて生きてきたため、ランニング無垢だ。
そこでランニングについていくつか知りたいと思った。

(1)フォーム
(2)練習方法
(3)道具

知りたいのは、この3つ。

特に(1)フォーム。
「走る」という何気ない日常の動作。
これまでスポーツとして意識してこなかった慣れ親しんだ動き。
いわば始めてもいないのに我流が身についた状態。

まずは正しい動きを身につけるため、いつも通り本から学んでみた。
(たとえ頭でっかちと言われようと…)

4062144212「体幹」ランニング (MouRa)
金 哲彦
講談社 2007-11-28

by G-Tools

体幹ランニングとは効率を追求した走り方。
踏みしめる足裏から伝わる地面からの反発力を前への推進力に変えるフォーム。
例えるならば、体幹を意識し、体を1本の棒の様に使うことでロス無く反発力を利用する。
具体的には「上半身と下半身の連動」、「骨盤の使い方」を意識することで実現する。

実際に2つを意識して試しに1.5キロほど走ってみた。

おお、何か様になった走り方。
(ように思う、たぶん。。。)

何より足の負担がだいぶ軽くなったのは確か。
もう少し走れそうな気すらした。

1.5キロと言えど、これは僕にとっては快挙と言っていい。
少しだけ光が見えてきたかな。

【第6回】初心者TOEIC650点を目指す ~絶対スピーキングイングリッシュを受講する~

ブログネタ
英会話 に参加中!
クエスト概要
ドメスティック企業の代表だと思っていたうちの会社。
気付けば社長はグローバルを叫び、次々と海外企業の買収を繰り返す。

「社内公用語は英語で!英語力のない社員は不要!」
うちの会社は流行りにめっぽう弱い。こんなことを言わないとは言い切れない。

勝利条件
期間は1年間(2012年いっぱい)。
英語マスターの第一歩としてTOEICで650点を獲得するのじゃ!

これまでの歩み
 3.文法力強化:とにかく文法書を読み漁ってみる
 4.TOEIC(3回目)<8月受験>【545点】
 5.単語力強化:DUO3.0をやり尽くす
 6.続・文法力強化:新感覚☆わかる使える英文法を復習する
 7.英会話強化:瞬間英作文で会話力を磨く
 8.TOEIC(4回目)<11月受験>【予定】

===============================

【モチベーション】

独習における最大のハードルはモチベーションの維持だ。
これは英語に限らず何の習得についても同じことが言える。

今年の1月末から勉強を始めて早6ヶ月。
新しい発見は徐々に少なくなり、知的好奇心を刺激することが少なくなってきた。
今は地力を付けるためのひたすらに地味な作業を繰り返すフェーズ。

ともすれば作業になりがちな地道な勉強。
単語、単語、文法、単語、単語、文法…

なかなかツライ。
今回は少し気分を変えるために英語の研修を受けることにした。

【人から貰う刺激】

黙々と一人で何かをやる。
そういうは、わりと嫌いじゃない。

それでも研修を受けて思った。
やっぱり人との接点は大きな刺激だね。

絶対スピーキングイングリッシュ。
語学学校であるリンゲージが主催する英会話の研修。
(どうでもいいけどネーミングセンスは微妙だ)

1日目は日本人講師、2日目は米国人講師。
つたない英語を使ってとにかくしゃべらされる。
周りも初心者、お互い英語とは言えない英語で意思の疎通を図る。
痛感するのは英語を即座に出力する難しさ。

僕は英語が出ない、相手も英語が出ない。
お互い一生懸命、頭を使って、ひねり出す。

苦しんでるのは俺だけじゃない、相手も一緒。
そんな一体感というか、一人じゃない感というか(笑)
これに勇気付けられ、刺激を受けるんだよね。

【出力するために】

難しさを実感した英語の瞬間出力。
講師に「瞬間英作文トレーニング」を薦められた。

早速購入。
内容はなんてことのない日本語を中学レベルの英語に変換する英作文。
もちろん中学レベルの文法と単語、既に頭の中にあるものを出力すればいい。

しかしだ、ちょっとやってみたけど、これがなかなか難しい。
ノータイムで出力することの予想以上の難易度の高さ。
引き出す時間を短縮するにはやっぱり地道な練習が必要なんだろうね。

だれが英語を上手に話しますか?(中1)
来年イギリスに行くために僕のいとこは一生懸命英語を勉強している。(中2)
彼が帰ってくるまでここで待っていよう。(中3)

どうですか?ノータイムで出ましたか?

ただ、中学レベルに絞っているこの内容でも完璧に出来れば日常会話は十分こなせそう。
やってみるとそう実感できる。こいつは完璧にこなしてみる価値がある。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)
どんどん話すための瞬間英作文トレーニング (CD BOOK)森沢 洋介 

ベレ出版 2006-10
売り上げランキング : 292

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ネイティブなら子どものときに身につける 英会話なるほどフレーズ100―誰もここまで教えてくれなかった使える裏技 総合英語Forest 6th edition みるみる英語力がアップする音読パッケージトレーニング(CD BOOK) スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング 英語上達完全マップ―初級からTOEIC900点レベルまでの効果的勉強法 

【研修の感想】

さて、最後に簡単に感想を。

1日目、2日目ともに講師のパーソナリティが個性的。
講師に引っ張られて楽しく刺激を受け取る事が出来た。 

とにかくインプットしたことをアウトプットする。
どんなことでも一緒だけど、これがホントに重要だってことを、今回、今さらながらに気付かされたよね。

たまにはこういう刺激も悪くない。

【第2回(1)】「いる資格」完全制覇への道 〜情処プロマネ 概要編〜

ブログネタ
就職に役立つ資格 に参加中!
少し古い話。
4月に情報処理技術者試験「プロジェクトマネージャー」を受験した。

「いる資格」完全制覇への道のターゲット第1弾。

【情報処理技術者試験とは】

IT業界に従事する仕事柄、情報処理技術者試験は馴染みが深い。
この資格は情報処理の知識レベルを問う試験で、総務省が管轄する実は国家資格。

この資格、IT企業では比較的重視される。
うちの会社では合格祝い金(一時金)が1万〜10万円支給される。
企業によっては100万円支給されたり、月々の給与に一定額の手当が付くところもあるらしい。

大きく「幅広く知識を問う資格」と「特定分野に特化した資格(高度資格)」に分かれる。
前者は「ITパスポート」「基本情報処理技術者」「応用情報技術者」とレベル別に用意される。
後者は「データベーススペシャリスト」「ネットワークスペシャリスト」「プロジェクトマネージャー」等があり、難易度は前者に比べて高くなる。

【良い試験】

どの区分の試験にしても情報処理技術者試験は「良い試験」だと感じる。
定期的なアップデートがされる試験内容は陳腐化せず、選択式、記述式、論文(高度のみ)と一筋縄にはいかない形式。

試験内容は網羅的に出題される。
特に前述の「幅広く知識を問う資格」区分は良い意味で広く浅い。

「ITパスポート」は一般知識の補完として威力が大きい。
色々なニュースや、日常的に接しているシステムを理解する土台となり得るのでIT業界に関係ない方々にオススメしたい。

「基本情報処理技術者」はIT業界で日常的に使用される知識が網羅的に出題される。
基本的な知識が網羅されているのでIT業界を目指す学生にオススメしたい。

【高度試験も良い試験】

今回僕が受験した高度試験と呼ばれる「特定分野に特化した資格」。
勉強してみると関連する知識を体系的に整理、補完出来る効果は思いのほか大きいと実感。

どんな業界、どんな職種も一緒で、実務だけではどうしても知識が偏る。
同じシステムエンジニアでも、プログラムに詳しい人、データベースに詳しい人、お客様の業務に詳しい人、様々であるように。

また、自分のこれまでの対応を客観的に比較できる点も面白い。

その意味で、実際の業務を想定し、対策を論じる論文問題(午後II試験)はいい。
シチュエーションを想像し、自分だったら…と考えながら回答を作ると模範解答とまるで違ったりね。

教科書的な模範解答なんて実務の役に立たない。
そんなことを言う人もいるけど、模範解答を知っていて悪いことはないよね。
その上で自分なり、状況なりに工夫して、いい判断をすればいい。

ただし、実務経験がない場合、単なる暗記試験で得るものは少ない。
そのため、全く関わったことのない業務をSEが受けることも、学生が受けることもオススメしない。
先々必要な知識になりそうだからとか、就職活動のためにとか、その理由であればコストパフォーマンスが悪すぎる。

いずれにせよ、確実に知識を底上げできる「良い試験」。
さすがに100万円の価値がある資格とは思えないけどね(笑)

ゼロからはじめるITパスポートの教科書
ゼロからはじめるITパスポートの教科書滝口直樹

とりい書房 2010-09-07
売り上げランキング : 26577

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ITパスポート試験対策テキスト CBT試験対応 (よくわかるマスター) 電撃PC [超解]ITパスポートたん 図解ですぐわかる!実践問題対策で一発合格! 平成24年度 イメージ&クレバー方式でよくわかる 栢木先生のITパスポート教室 CBT対応 (情報処理技術者試験) 2012年版U-CANのITパスポート試験過去&予想問題集 (ユーキャンの資格試験シリーズ) ITパスポート試験過去問題集 平成23年度春期試験対応 (よくわかるマスター)

【第6回】初心者TOEIC750点を目指す ~英語の勉強を考えてみた~

ブログネタ
TOEIC に参加中!
1年で750点を目指すプロジェクト。
既に半年が経ち、4回中2回の受験が済んだ。

2回目の受験結果は残念な結果に終わりました。
予想していたとはいえ、このままでは、目標達成は非常に困難。

しっかり計画を立てて体勢を立て直したい。
そのためにやるべきことを整理することにしてみたよ。

【土台と実践】

そもそも何を勉強しなければならないのか。
英語の勉強を大きく2つに分け、その上で6つに分類してみた。

■土台■
・英文法(Grammar)
・英単語(Vocabulary)

■実践■
・英文解釈(Reading)
・英作文(Writing)
・英会話(Listening)
・英会話(Speaking)


【英語の土台】

英文法、英単語。
単語の意味、単語の並べ方、特定の状況に対する表現方法…等々。

思うに「英文法」は野球のルールブックに相当するんじゃないか。
そのルールに従わない限り野球には参加できない、従わない限りそれは野球じゃない。

そして「英単語」は打ち方、投げ方、守り方。
それが出来ないと野球にならない、というか野球という体にならない。

つまりどちらも野球、いや英語をやる上で基本中の基本ということ。
そして、野球の例を見てみると地道に、継続して、黙々とやっていくしかないということ。

そう、近道はなく、とにかく焦らず続けていくことが王道なんだろうね。

【英語の実践】

土台を固めて実践すべし。

ルールブックを覚える、素振りをする、投球練習をする。

なんのために?
それはもちろん野球をするために、野球を上手くなるために。

当たり前だけど英語を「使う」ために勉強してるわけだよね。
(もちろん学問としての英語、知的好奇心を満たすための学習もあると思う)

伝える、理解する。
そのために読む、書く、聞く、話す。

選手は試合に出場して成長するという。
実践の中でバッティング戦術、投球術、試合の流れを学んでいく。

話してみる、書いてみる。
つまり英語にしても実践して学んでいくしかない。

つべこべ言わずにやってみる。
これは何よりメンタル面(恥ずかしさであったり、面倒くさかったり)が重要だよね。

【次の受験までに】

うん、ちょっとすっきりした。

まずは土台を固める。
英文法、英単語を強化する。

次回の受験は8月5日。
最低650点は取らないと目標達成は厳しいよね…



はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル
はじめての新TOEICテスト 完全攻略バイブル長本 吉斉

PHP研究所 2009-10-06
売り上げランキング : 386

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
TOEICテスト新公式問題集〈Vol.4〉 TOEICテスト650点突破!文法講義の実況中継 TOEICテスト初挑戦のための英単語と英熟語―出題頻度順英単語1127と英熟語322 新TOEICテストこれ1冊で600点はとれる! 1駅1題  新TOEIC TEST文法特急

【第5回】初心者TOEIC750点を目指す(2回目の受験結果)

ブログネタ
TOEIC に参加中!
結果が出ました。
2回目の受験結果。

総合、465点。
リスニング270点、リーディング195点。

前回から80点の下落。
予想していたとはいえ、目標達成には厳しい数字。
つまり、これから半年のうちに285点ほど上げなきゃいけないわけだ。

こりゃ少し本気でやらないといよいよ達成が危うい。

【遠い道のり】

TOEICの点数配分はリスニング、リーディング各々495点だそうな。
とした時に僕の場合はおおよそ、それぞれ正解率が55%と38%。

目標である750点を取るための正解率は76%ほど。
遠いね、改めて遠いね。

【弱点の分析】

一目瞭然。
リーディングがひどい。
(もちろんリスニングも十分に低いけど…)

今回も前回(リーディング○○点)も聴高読低。
つまり英語の基礎力が不十分だということが明確。

この弱点を踏まえた上で、(今さらながら)次回、以下を整理してみます。

・英語の勉強で何をするべきか?
・残り2回の試験における目標
・12月までの計画

 
  • ライブドアブログ