ブログネタ
お仕事日記 に参加中!
会社の飲み会でこんな話になった。

僕はもともと大規模なシステムを作る担当部署に所属していた。
システムが大きくなれば当然作業量は多くなるわけで、所属する人数も多くなる。
役割は明確に決められ、指揮系統も固定、自然スペシャリストが多くなる。

一方、3年ほど前から所属している担当部署は複数の小規模システムを持つ。
うちの会社(の商売の仕方)において小規模システムは、薄利になる傾向が強い。
お金がないので人数は少なくなり、役割が誰もが兼務、そして主体的に考えて動かなければならない。

この部署は自分で動ける人が多いですよね、そんな話を飲み会でした。
周りの人々は一様に頷き、そこには主体的に動いていることへの自負が滲んでいた(ように思う)。
そして、大規模システムの開発を行なっている歯車のような役回りを少しバカにしている(ようにも見えた)。

でもホントに主体的に動ければいいのかね?
もちろん悪いことじゃないし、むしろそれが必要な仕事も多々あることは知っている。

ただ、歯車的に動いて欲しい役回りもあるし、どんどん動かれると困る仕事もあるよね。
上司への承認だとか、各種申請なんかの七面倒臭い手順を踏んで、慎重に過ぎるほどの確認をして、ともすれば無駄に進捗が遅くなるような仕事。
それは、それが必要だからやってるのであって、それによって高い品質が保たれてる側面もあると思うんだ。
(もちろん長い年月により作業が形骸化し、無駄に重武装になることが多いのも事実だけど)

やり方の良し悪しは、それぞれの仕事の内容によって、決まるわけだよね。
やってる人の面白さや、稼げる賃金なんかは置いておいて、どちらが優れているかなんてケースバイケース。

新入社員から重厚長大なシステム開発の現場で育った僕としてはやや納得がいかず、顔には出さないけれど、少しむっとしたそんな飲み会での話。